スマホアプリ婚活で男性にどんどん誘ってもらうメールのコツと例文

基本的に女性は「待ち」の姿勢をとるものであるが、スマホの婚活はお互いに複数の相手と連絡をとっている場合が多い、なのでいくらメル友として付き合っていても、実際に相手と出会わないことにはそこから先に発展しないのが普通。

 

アプリ婚活のコツは積極性にあるのは男性も女性も同じなのである。そ

 

こで今回のテーマはセカンドメールの返信をもとに気軽なデートの誘い方を書こうと思う。

 

f:id:finds:20160112192241j:plain

 

ある程度メールのやり取りをしていれば女性側からデートに誘ってもおかしくはない。もともと出会いを求めて登録してきた者同士なので気後れすることは全くないのである。

 

ちなみに一番良いのは男性から誘わせる方法。やはりシンデレラ願望、毎回自分から誘うのは気が引けるという女性が多いだろう。その点も加味して考えてみよう

 

スマホ婚活で男性をデートに誘うメールの例文

スマホ婚活でいい条件の男性を見つけたら早めに誘わないと、別の人に持っていかれる。

 

当然スマホの婚活は複数の人と連絡を取り合っている状態なので、会ってもいいと思ったら、女性側から誘うものアリ。

 

でもできればさりげなく男性から誘ってもらえるようにメールの内容にデートへの布石を打っておこう。

 

 

それでも反応がなかったら、もしかしてもうあなたに興味がなくなってしまったのかもしれない。

 

 

もしあなたが積極的であるならば、そしてスピード婚を目指すのであれば、いつものようにメールを返信した後にPSとして最後の行にこう付け加えよう

 

 

 

「ところで○○さんは△△って興味ありますか? 雑誌で調べたら行きたくなってしまって!」

 

たぶんこれでOKなら後は具体的な日にちの段取りをしよう。

 

その場合も二択法(土曜日の昼or日曜日の夕方)などとした方が相手も同意しやすい。

 

文の最後に書くことでデートの誘いがそれほど重いものでなくなり、なおかつ相手の印象に残る文面となる。

 

逆にどうしても男性側から誘って欲しいという場合は相手のメールについて詳しく質問して、興味がある!言ってみたいと言えばOKだろう。

 

こちらのパターンの方が一般的なのだが、草食系の男子は相手の誘いを待っているものである。ネットでは相手に主導権を渡したい男女も多いのである


ネットで超話題の無料恋活!今がチャンスです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。